遊具の安全について

遊具の製作・点検・修理なら株式会社キタウチ遊具にお任せ下さい。

もっと、『安全』『楽しく』『健やかに』

大型遊具には、子どもたちが思い切り体を動かして楽しめる、という、他にはない魅力的な要素がある半面、思わぬ危険も潜んでいます。
ですので、大型遊具設置の際は、まず「安全性」について一度、改めて考えておく必要があります。

ただ、「100%完全に安全な遊具や遊び場」というものは残念ながら存在しません。

ご存じのように、子ども達は好奇心旺盛で、あえて少しくらい危険なことにチャレンジしたいと常々考えているものです。私達大人でも、子どもの頃を振り返ってみれば、ほとんどの方はそのような経験があるのではないでしょうか。
基本的に子どもは「安全すぎる」遊び場には、あまり興味を示さない傾向があります。

しかし、「安全」と「楽しさ」、この2つを両立させてこそ、遊具は大きな価値を生みます。

安全を最大限に確保しつつ、子どもたちの「楽しさ」はそのままに。
その実現のためには、どのような点に気を配ればよいのでしょうか。

押さえておきたいポイントを下記に記しました。

1.リスクとハザードを理解しておくこと

遊具には大きく2つの「危険」があります。
「リスク」「ハザード」と呼ばれるものです。

「リスク」とは、子ども達が自分でわかった上で行う挑戦や冒険のことです。

前述のとおり、子ども達は好奇心が旺盛ですので、何かにチャレンジしたり、自分なりのちょっとした冒険を試みたりすることが大好きです。
そして、これらは子ども達の遊びに欠かすことのできない要素でもあります。

一方、「ハザード」とは、子ども達が自ら予測できない危険性のことです。
「ハザード」の危険性は、「リスク」とは異なり、遊具本来の目的から逸脱しておりますので、
避けなくてはいけない危険性です。

「ハザード」は、さらに2つに分けられます。
「物的ハザード」「人的ハザード」の2つです。

「物的ハザード」とは、主に遊具自体の構造や施工上の問題、または故障や劣化などによる危険性です。これらの危険性は子ども達では判断ができません。

「人的ハザード」とは、子ども達の遊びに適さない服装や、遊具の使用方法を大きく誤ったことから、危険性、または子ども達同士でふざけあいが過ぎて、押し倒したり、突き飛ばしたりするなかでの、思わぬ事故の危険性などを指します。

「リスク」を残し、「ハザード」を無くす。このことを常に意識したキッズルームづくりを目指しましょう。

また、2つの「ハザード」は、「物的ハザード」は定期的な遊具の点検などで、「人的ハザード」は周りの大人達がこまめに注意を払う(子ども達の服装や、あまりに無理な遊び方をしていないか、など)ことで、ほとんどの場合無くすことが可能ですので、少しの手間を惜しまないことが大切です。

2.安全性を高めるための工夫

「リスク」の要素を残しておくことは、子ども達が遊びに興味を示すためにも、また、もう少し大きく捉えれば、子ども達の健全な心身の育成においても、とても大切なことです。

しかし、万が一にも大事故に繋がる危険は避けなければなりません。

なるべく子ども達が遊びの興味を損なうことなく、大きな事故を回避するためには、どうすればよいのか。
比較的簡単にできて、有効性が高い方法を2つ挙げます。

1.遊具からの転落防止のために、マットやラバーなどのクッションの役割を果たすものを
  遊具の下や周りに設ける

遊具での事故の約80%が転落事故といわれています。

また転落事故は他の遊具事故に比べ、落下した際の頭部への強い衝撃など、大怪我に繋がりやすい事故です。転落での怪我が軽減できれば、遊具事故の大部分を防ぐことが可能になります。

これらの方法は比較的簡単にでき、且つ非常に効果の高い方法であるにも関わらず、子ども達の遊びへの興味を損ねることもありません。

2.遊具の遊び方や、遊具の使用で起こりうる可能性を、設置した遊具業者の方に説明して頂く

その遊具のことは、当然ですが、やはり製作・設置した遊具業者の方が最も詳しく知っています。
どのように動くのか?このように動いた場合、またはここに登った場合に、考えられることとは・・・?など。

これらのことを、あらかじめ遊具業者の方に説明して頂き、理解しておくことが非常に大切です。

特に幼稚園・保育園やマンションのキッズルームなど、同じ子どもが何度も利用する施設の場合は、基本的な遊具の使い方や、やってはいけない事などを、子ども達に説明してあげるとよいでしょう。

大きな事故は、それを子ども達が予測できていないからこそ、起きやすくなるものです。
その遊具の基本的な使い方や危険性を、あらかじめ教えておくことで、子どもたちが自ら危険を予測する幅が大きく広がりますので、事故の可能性を格段に抑えることができます。

基本的な方法ですが、この2点を意識し、実行することで、遊具が子どもたちに与える「楽しさ」を奪うことなく、ほとんどの事故を防ぐことができます。ぜひ実行されることをお薦めいたします。

株式会社キタウチ遊具

本社

〒431-3424
静岡県浜松市天竜区緑恵台55-270
TEL:053-926-2887
FAX:053-926-2890

工場

〒433-8105
静岡県浜松市浜北区尾野1324
TEL:053-582-2961
FAX:053-582-2937

営業エリア/静岡全域
(その他地域はお問合せ下さい。)